どうして出会い系やテレクラはサクラを雇うの?サクラ女性の特徴は?

出会い系サイトの一部は、「サクラ」を使っています。このサクラとは何かというと、一般女性になりますして男性会員とメールし、ポイントを消費させるアルバイトスタッフです。

会うとか、セックスをするとか、そういうことを匂わせ、男性に返信を促します。

男性は、その女性が実在していると考えていますから、本当に会えるならこのくらい、とポイントを追加購入してしまう。しかし実際には、サクラは仕事でそうしているのですから、会えることはありません。

そもそも女性ですらないこともあります。出会い系にはこのようなサクラ行為が蔓延しているといっても過言ではないのです。

優良サイトにしても、ポイント(バック)制度を導入し、一般女性にサクラと同じような役目を担わせていますから、完全な素人のみが登録しているとは言い難いのが現状です。

それはテレクラ業界においても同じでしょう。そうなのです。テレクラにも男性にしてみれば「サクラ」に当たる女性が紛れ込んでいる可能性が高いのです。

どうしてサクラ、オペレーターを雇うの?

テレクラにおけるサクラは「オペレーター」というのが正しいでしょう。

オペレーターは仕事で男性と話していますから、会えることは絶対にありません。男性と会う方向で話を進めたとしても、待ち合わせ場所にはいかないのです。

なぜサクラを雇うのかというと、やはり女性会員が少ない、集まらないからではないかと思います。

女性は、べつにネットで無理して探さなくとも、周りの男といつでもセックスができますよね。男性ほど性欲が強くないというのもあるかもしれませんが、いつでも相手を見つけられることが、出会い系やテレクラに女性が集まらない理由でしょう。

そうして女性会員が少ないときに、テレクラや出会い系は、サクラを雇うか、もしくはポイント制度を導入し、女性がお小遣い稼ぎをできるようにするのです。

それではポイント制度は何かというと、女性会員が、男性とメールしたり、電話をしたりするたびにポイントが貯まっていき、それを換金できるというものです。

この制度があることによって、出会い系は女性にとって一種のお小遣いサイトのようになります。彼女らは、仮にお金を目当てにサイトに登録したのだとしても、一般女性である以上、良い人が見つかればデートをする可能性がありますよね。

ポイント制度は、女性会員を集めるひとつの手段なのです。そしてこれは、テレクラに導入されていてもおかしくはない制度です。

オペレーターを雇うのは論外としても、換金可能なポイントを付与するというのは、出会いを提供するためには仕方のないことなのかもしれません。

とはいえ男性は、絶対に会うつもりのない女性と話すことになる可能性もあるわけですから、困ってしまいますよね。

無駄に話を引き伸ばそうとする、会うという方向で話を進めているのになぜか連絡先を教えてくれない、そういう女性と当たったときには、すぐにでも電話を切ったほうがよいでしょう。